大竹弘孝さん(株式会社JM 代表取締役社長)

当社は建設・施設運営業ですが、 全国に支店があリ、 従業員の健康管理が不十分であると感じていたところ、食による生活習慣の改善に実績のある「メディシェフ」を紹介され、導入を決めました。

健康経営の取組として、従業員にはメディシェフ入門編を提供。オンラインでの受講ができますので、進捗管理などが非常に簡単で、手間なく提供ができました。受講した従業員の健康に対する意識向上も見られはじめています。

今後、社内外のメディシェフの方々と相談し、当社の運営する商業施設のコンテンツとしても提供を考えています。今後、より一層健康食のニーズが高まる中で、メディシェフはどんな分野にも掛け算でき、 魅力的な食コンテンツを生み出せるところも、 企業にとっては大きなメリットです。

このエントリーをはてなブックマークに追加