一般社団法人 ​日本医食促進協会

JMFPA

Corporate Slogans

食のNext Standardをつくる

Vision 2020

日本中のメディシェフが活躍することで​「健康食大国日本」のブランディングに寄与する

Mission

私たちは、医学・栄養面の知見から食材や加工品、それらの調理方法に対する​正しい知識をもった人材の育成を行い、生活習慣病をはじめとする様々な疾患に対して食事制限が必要な方の食生活の充実、QOL向上を図るとともに、食生活の改善による予防医療の推進に努め、健康寿命の延伸に寄与することを目指します。

MEMBERS

  • 代表理事 竹内佑騎

    代表理事 竹内佑騎

    大阪大学経済学部、早稲田大学商学研究科卒業。三菱東京UFJ銀行を経て㈱竹屋旅館代表取締役に就任。ホテル事業において医療機関と連携した「美味しい健康食」づくりに取り組み、2016年に経済産業省の「ジャパンヘルスケアビジネスコンテスト」優秀賞を受賞。ホテルクエスト清水

  • 理事 大村和規(医師)

    理事 大村和規(医師)

    北里大学医学部卒業。北里大学病院勤務、海老名総合病院糖尿病センター勤務を経て、2016年より医療法人陸和会大村クリニックの副院長に就任。糖尿病専門医を取得。自身も食事改善により25kgの減量に成功し、予防医療としての食事療法を推進している。大村クリニック

  • 理事 小嶋隆三(歯科医師)

    理事 小嶋隆三(歯科医師)

    鶴見大学歯学部卒業。鶴見大学歯学部付属病院、医療法人麗歯会加藤歯科医院、医療法人UG会多田歯科医院、医療法人 清明会静岡リハビリテーション病院勤務を経て、静岡市にて小嶋デンタルクリニック、株)Ryu メディカルグループ 静岡石田Ryuメディカルトレーニングデイ、Ryuメディカルクッキングを開設。歯の治療から食生活の改善まで、幅広い事業を行う。RYUメディカルクッキング

  • 小川侑子(管理栄養士)

    小川侑子(管理栄養士)

    薬局での栄養相談やベビー相談、糖尿病の外来で栄養指導に携わる。その後レシピ献立作成を主とする企業で高齢者や、糖尿病、腎臓病などの献立作成と調理を行う。2016年にはRyuメディカルクッキングにて「健康をテーマとした料理教室」を開設。RYUメディカルクッキング

  • 青木一敏(調理師)

    青木一敏(調理師)

    調理師免許取得後、数々のホテル・レストランに勤務、料理長を歴任し、2008年よりホテルクエスト清水料理長。医療機関やメーカーと連携し、糖尿病の方でも楽しめるフルコース「駿河湾レシピ」を開発。健康食シェフの第一人者として、静岡県より「ふじのくに食の都づくり仕事人of the year 2015,2016」を連続受賞。ホテルクエスト清水

  • 青木真咲(編集長)

    青木真咲(編集長)

    京都大学経済学部卒。日本経済新聞社勤務を経て、日本医食促進協会の編集長に就任。新聞社での記者経験を活かし、正しい情報をわかりやすく発信することを第一に編集を行う。

  • 渡辺真樹子(総合演出)

    渡辺真樹子(総合演出)

    ウェディング動画から子供たちのムービーまで幅広い分野の映像撮影・編集・企画・制作に携わる。現在は静岡にてフリーランスに活躍中。自身の親が糖尿病を患っていることもあり、メディシェフの思いに共感。日本医食促進協会の総合演出として就任。

Advisory Board

アドバイザー

柳 孝一(多摩大学名誉教授、元早稲田大学商学研究科(MBA)教授、元日本ベンチャー学会理事)
山谷 拓志(日本バスケットボールリーグ専務理事兼COO、サイバーダインつくばロボッツ代表)
時光 一郎(人間総合科学大学人間学部ヘルスフードサイエンス学科 教授 医学博士)
伊藤 一彦(レクリエーション介護士資格創設者 BCC株式会社代表取締役社長)

監修者

【医療】大野 敦 (医師 東京医科大学八王子医療センター 糖尿病・内分泌・代謝内科 科長)
【栄養】小林 美貴(管理栄養士 一般社団法人健康栄養支援センター 高齢者栄養部長)
【調理】早川 亮介(調理師 株式会社なすび 取締役総料理長)
【出版・メディア】石川 裕也(行政書士 CCMOコンサルティング)
【知的財産・法務】堀尾 純矢(弁護士・社会保険労務士 栗田勇法律事務所)

連携

一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会

協会概要

名称 一般社団法人 日本医食促進協会
設立年月 2017年2月
電話番号 054-366-8785
所在地 〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町3-27

パンフレット

クリックするとPDFファイルが開きます。

パンフレット